デリカ査定

デリカ査定ですが、同じ車でも査定額には開きがありました

デリカ,査定,買取,高額,売却,愛車

 

同じ車でも査定額には開きがある

 

デリカを売る場合には、内装を綺麗に保つことです。根強いファンがいるので、
中古車市場での価格が急落することはありません。新車購入から3年程度なら、
購入価格の60%以上で売れると言われています。

 

 

 

オフロード走行可能で、普通のミニバンより車高が高く、足回りがいい車です。
ライバルメーカーでは真似をすることが難しいジャンルの車で、
来的にも安定して売却できる車のひとつです。

 

 

 

デリカはアウトドア志向のファミリー層をターゲットにした車です。
そのため、室内に泥がついたり、車内が湿気でぬかるんだりする傾向があります。
使用して汚れた場合には、元の綺麗な状態に戻しておくことが必要です。

 

デリカ,査定,買取,高額,売却,愛車

 

外装や内装の汚れはそのままにしておくと、数年で明らかな劣化を招きます。
売却を考えているなら、外装や内装の細かいところまで、いったん点検して、
できる限り元の状態に近いところまでクリーニングしておきましょう。

 

査定前には内装を清潔に

 

私が売ったのは、2008年式のローデスト・Gナビパッケージの7人乗りです。
走行距離は4万5000kmを少し超えたくらいで、状態は良かったと思います。
査定前には内装を清潔に掃除しておきました。

 

 

 

シートはカバーをつけていたので、ほぼまっさらな状態でした。
自宅から近い場所にある中古車業者2社を選んで査定に来てもらいました。
査定はそれぞれ、10分くらいで済みました。

 

 

 

1社は145万円で、もう1社は162万円という査定でした。
同じ車なのに17万円も差が出るのかと思って驚きました。
高く評価してもらった方の業者さんに引き取ってもらいました。

 

 

 

>>>デリカの査定では対応の丁寧な業者さんに売却しました

CarPrice